FC2ブログ
2018年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2018'03.17 (Sat)

外に出たい気持ちと眠気との間で戦っていたようです。

我が家のカワイイ愛犬・颯斗と虹輝

朝6時過ぎハウスの中で寝ていた虹輝君がのそのそ出てきました。
そして しなやかに伸びをしました。

①さ~~~
さ~~~

とっても素敵な伸びですが・・・
「まだ 外にはいきませんよ」

②ええっ まだなの
ええっ まだなの

「まだだよ まだ朝6時過ぎだよ」

③もう少し待ちます。
もう少し待ちます。

「もう少し待ってて」

④でも・・・
でも・・・

また伸びてます。

⑤もう一度
もう一度

「まだ早すぎるから もうちょっと待って」

⑥待ちますよ。
待ちますよ。

方向を変えて座り込んだ虹輝君

⑦いつになるんだろう
いつになるんだろう

動かなくなった虹輝君をよーーーく見てみると

⑧眠くなちゃうよ
眠くなっちゃうよ

眠っています。

このまま眠るのかと思ったら立ち上がりました。

⑨準備しますよ
準備しますよ。

準備をしていると思ったら

⑩グ――グ――
グ―――グ―――

立ったまま眠っている虹君

⑪我慢できません。
我慢できません。

しばらくこの格好寝ていた虹輝君 

朝からおかしな行動をしていましたが
無視し続けたらあきらめてハウスに入っていきました。

外に出たい気持ちと眠気との間で戦っていたようです。



怪我のため介護認定を受けている要介護1のお義父さん(90歳)の話や   
要介護1の実父(86歳)と要介護2のの実母(84歳)の 日々のお話は
こちらでも更新します⇒親バカMの幸せストーリーズ

愛犬をこよなく愛すチチ&ハハを応援よろしく  にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ 



15:19  |  [親バカ日誌]愛犬の話  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2018'03.15 (Thu)

お家に入りたい時はちゃんと呼ぶんです。

我が家のカワイイ愛犬・颯斗と虹輝

昨日も今日もいいお天気でしたが
午後4時を過ぎたころから暗くなり雨がパラパラ

お天気がいい日は外で過ごすことが大好きな颯斗君と虹輝君ですが

しばらく外にいると虹輝君が呼びます。
「ウウウ グ~~~ ギャア」

その声を聞いて外に出てみると颯斗君が立ち上がってウロウロ

①そろそろ
そろそろ

虹輝君もウロウロ

②お家に・・・
お家に・・・

「もう少し外にいたら」

③入りたいです。
入りたいです。

「お家に入りたいの!?」

お家に入り前におトイレを済ませます。
まずは虹輝君から

④僕も・・・
僕も・・・

「颯斗君 ちょっと待っててね」

⑤入りたいんですよね。
入りたいんですよね。

ギャーギャーうるさい虹輝君から先におトイレに行くので
ちょっぴり拗ねてる颯斗君です。

お家に入りたい時はちゃんと呼ぶんです。

怪我のため介護認定を受けている要介護1のお義父さん(90歳)の話や   
要介護1の実父(86歳)と要介護2のの実母(84歳)の 日々のお話は
こちらでも更新します⇒親バカMの幸せストーリーズ

愛犬をこよなく愛すチチ&ハハを応援よろしく  にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ 



16:31  |  [親バカ日誌]愛犬の話  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2018'03.14 (Wed)

本当に気持ちのいいお天気です。

我が家のカワイイ愛犬・颯斗と虹輝

朝はとっても寒いですが日中はいいお天気になり
過ごしやすい日が続いています。

だがしかし 花粉の量も増え目がかゆくなり
くしゃみ・鼻水・鼻づまり(つまっているのに鼻水が・・・)
最悪な状態に悩まされているハハです。

そんないいお天気の日は
朝のお散歩&おトイレを済ませ外でのんびり日向ぼっこです。

「颯斗君 気持ちいいね~~」

どこですか!?
どこですか!?

ハハの声の方向を必死で探す颯斗君
隣で日向ぼっこの虹輝君

眠くなってきます。
眠くなってきます。

本当に気持ちのいいお天気です。

怪我のため介護認定を受けている要介護1のお義父さん(90歳)の話や   
要介護1の実父(86歳)と要介護2のの実母(84歳)の 日々のお話は
こちらでも更新します⇒親バカMの幸せストーリーズ

愛犬をこよなく愛すチチ&ハハを応援よろしく  にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ 



10:09  |  [親バカ日誌]愛犬の話  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2018'03.09 (Fri)

ハハを顎でつかっている感じです。

我が家のカワイイ愛犬・颯斗と虹輝

ここ数日お天気が悪く日曜日の気温22度から一気に下がり
寒い日になっています。

目が見えにくくなった颯斗君は夕方のお散歩を済ませ
ご飯を食べお豆腐も食べた後

「グ――― クンクン グ~~~ ガゥーーー」って泣きます。
こんな時は「お水飲みたいんです」って言ってます。

ハハを顎でつかっている感じです。
仕方なくお水の器を側に近づけて飲ませてあげます。

お水を飲み終わるとほとんど毎回くるっと背を向け座る颯斗君です。
「いつもの〇〇を・・・」って感じです。

マッサージお願いします。
マッサージお願いします。

「ええええマッサージするの~~~」

早くしてくださ~~い。
早くしてくださ~~い。

「はい はい 分かりました」
急に手をかけると怖がるので声をかけてはじめます。
「マッサージはじめるよ 1 2 3・・・」百数えて終わりにしますが
時には足りないと振り向いて催促すします。

最近言ってることがよく分かるようになったハハです。

怪我のため介護認定を受けている要介護1のお義父さん(90歳)の話や   
要介護1の実父(86歳)と要介護2のの実母(84歳)の 日々のお話は
こちらでも更新します⇒親バカMの幸せストーリーズ

愛犬をこよなく愛すチチ&ハハを応援よろしく  にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ 



09:19  |  [親バカ日誌]愛犬の話  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2018'03.05 (Mon)

いびきかいて寝ています。

我が家のカワイイ愛犬・颯斗と虹輝

昨日は今年一番の暑さになり気温22度でした。
久しぶりのいいお天気を利用して野菜の植え付けやドライブ、
外でのお昼寝を楽しんだ颯斗君と虹輝君でしたが・・・

今日は、夜中からすごい風とすごい雨とそして颯斗君の嫌いな雷
しばらくは大丈夫だったのですが午前4時前に我慢の限界がきたのか
ついに颯斗君が「クンクン」泣きだしました。

しかたなく30分ほど颯斗君の側に寄り添い体を撫ぜてあげました。
体がガタガタガタガタ震え息遣いはハーハーと荒くなり
かわいそうですが雷がおさまるまでジッと待つしかありません。

朝5時半のおトイレを済ませた2匹は午前9時頃まで様子をみて
小降りになったので虹輝君をおトイレ&お散歩に連れて行きましたが

颯斗君は雨嫌いなのでお散歩は拒否でした。
今は昨夜の寝不足を解消するように座布団の上で爆睡しています。

いびきかいて寝ています。
いびきかいて寝ています。

昨日の暖かさは今日もまだ続いていて暖房は必要ありませんが
また寒の戻りがあると天気予報が言っていました。

どのくらい寒くなるんでしょう。

怪我のため介護認定を受けている要介護1のお義父さん(90歳)の話や   
要介護1の実父(86歳)と要介護2のの実母(84歳)の 日々のお話は
こちらでも更新します⇒親バカMの幸せストーリーズ

愛犬をこよなく愛すチチ&ハハを応援よろしく  にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ 



10:11  |  [親バカ日誌]愛犬の話  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2018'03.03 (Sat)

どんどん老いていく母と出かけることが難しくなってきます。

我が家のカワイイ愛犬・颯斗と虹輝

今日は朝少し寒かったけど午前9時頃には暖かくなり
颯斗君と虹輝君はおトイレ&お散歩を済ませ
外で今回も微妙な距離を保ってくつろいでいます。

外でくつろいでます。
外でくつろいでいます。

3月に入りあっという間に3日です。
2月28日は、2匹が好きなばあば(私の母)の病院の日でした。

実家に迎えに行くと弟が言いました。
「83歳にして何を思ったかパンプスを履いてみたいと言っている」
.......と 生まれて一度もはいたことのないパンプスを今更なぜ???


「今まで履いたことないんだから今から履いても無理 転ぶよ」
~って言っても 転んでもいいから履いてみたいと・・・

「病院の先生に聞いてみて 反対されても履くの!?」
先生に反対されてもはいてみたいと・・・

病院が終わりとりあえず靴を買うためにお店に立ち寄りました。
ヒールの高さ3cm位のパンプスを履いてこれなら履けそうという母

絶対履かないことは分かっていたので歩きやすい
違う靴を探し納得して買うことにしました。

靴を買って2階で肌着が買いたいと言うので二階へ
母がエスカレーターに乗ったのを確認して乗り込んだ私の横で
フーーーと後ろに倒れはじめる母(その様子はスローモーションでした)

落ちると思った瞬間母の手をつかみ引っ張ったけど
体重の重い母に引っ張られ一緒に2段くらい落ちてしまい
このままだと下まで一緒に落ちてしまうと思い右手でエスカレータの
手すりをつかみ左手で母の腕をつかみ引っ張りました。

幸いなこと母がくるっとひっくり返りエスカレーターに
腰を下ろして寝転がる形になったのでそのまま上まで上がり
2階についたところで母の体を引っ張り上げました。

フロアーに上がっても立ち上がろうとしない母をみて
後から来ていたおじさんが手伝いましょうかと声をかけて下さいましたが
大丈夫ですとお断りして起こそうとしましたがなかなか立ち上がれず
側で見ていたお店の方が手を貸してくださいましたが
それでもしばらく立ち上がれずやっとのことで近くのソファーまで移動

一階に降りるときはエレベータで下りました。
怖い思いをして心臓バクバクの私に母が言いました。
「何か買って帰る」

そんな気分になれるわけがありません。
もしかしたら救急車で運ばれることになっていたかも・・・

病院から帰った日からあの時の光景が浮かんで
なんだかず~~っとぼーーーっと過ごしていました。

どんどん老いていく母と出かけることが難しくなってきます。

怪我のため介護認定を受けている要介護1のお義父さん(90歳)の話や   
要介護1の実父(86歳)と要介護2のの実母(84歳)の 日々のお話は
こちらでも更新します⇒親バカMの幸せストーリーズ

愛犬をこよなく愛すチチ&ハハを応援よろしく  にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ 



10:13  |  [ad(エディ-)]つぶやき  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | HOME |