FC2ブログ

カワイイ愛犬☆親バカ日誌

親バカ飼い主はシニアになった愛犬と親の介護に奮闘中

Top Page › 愛犬の話 › お兄ちゃんの容器には美味しいものが入っていると思っているのでしょうか
2018-08-09 (Thu) 10:05

お兄ちゃんの容器には美味しいものが入っていると思っているのでしょうか

我が家のカワイイ愛犬・颯斗と虹輝

昨日からすこーーーしだけ涼しくなってきましたが
また来週から猛暑が戻っとくるとか…(怖いです)

こんな暑い毎日なので颯斗君も虹輝君も水分補給は十分しています。
2匹には同時に同じ位の量を容器入れてあげています。

容器にお水を入れてあげるとすぐにごくごく飲みはじめる虹輝君
でも 突然 虹輝君が「グ~~~ グ~~~」訴えます。

振り向けば視線は颯斗君のお水の容器

①お水が欲しいです。
お水が欲しいです。

「さっきあげたじゃない 颯斗君と一緒に容器にお水入れたよ」

自分のお水はあっという間に飲み干してしまっています。

②お兄ちゃんのお水が・・・
お兄ちゃんのお水が・・・

感心するくらい賢いんです。
ほんのちょっとだけしか残っていなくても分かるんです。

そして、じっと容器をにらみつけおねだりするんです。
「グゥ グゥ そのお水ちょうだい」と

あまりにうるさいので虹輝君の容器にお水を入れてあげます。
「はい お水入れたよ」

でも なぜか颯斗兄ちゃんのお水の容器から視線をそらしません。

「自分の容器にお水入っているよ 飲んで」
いくら教えてあげても自分の容器のお水は飲みません。

③こっちがいいんです。
こっちがいいんです。

一生懸命説明しますが視線は変わりません。
あまりにしつこいのでお水が入っている颯斗君の容器と
交換してあげると飲みはじめる虹輝君です。

お兄ちゃんの容器には美味しいものが入っていると思っているのでしょうか
ハハにはどこがどう違うのかよくわからないのです。

関連記事
 にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ 

最終更新日 : 2018-08-09

Comment







非公開コメント