FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2019'01.09 (Wed)

しかたなくお散歩に連れ出してあげました。

我が家のカワイイ愛犬・颯斗と虹輝

どうしてもお願いを聞いてほしいと虹輝君はこんな格好になります。

①僕は亀になってます。
僕は亀になってます。

「ええ 虹輝君 なにか言いたいことあるの」

②まだなのかな~
まだなのかな~

「なんだって???」

③お散歩行きたいな~
お散歩行きたいな~

「もう少し待って」

④もう限界です。
もう限界です。

しかたなくお散歩に連れ出してあげました。


************************************
まだまだ 足腰しっかりしていないお義父さん

自分はもう一人でちゃんと動き回れると思っているようで
部屋の出入り口に長靴を持ち込んでいましたが
このまま許すと出ていいんだと思ってしまうので隠しました。

でも6日の日曜日 また外に出ようとしていましたが
履物がないので出ないはずと思いながら部屋をのぞいてみると
スリッパのまま外に出ていました。

そして、デイサービスに行く日の7日の朝に着替えをもって部屋に行くと
頭にタオルを巻いてその上に帽子をかぶっていました。

どうしたのと聞くと頭が濡れたと言いました。
なぜ濡れたのかと聞くと外に出たからと言いました。

朝6時から7時の間に部屋から抜け出しスリッパのまま外に出たようです。
最近部屋から抜け出すことが多くなったのでケアマネージャーさんに相談

本人と話してもらって朝から外に出ない・部屋からこっそりでない
一人で国道を渡って散歩に行かないと約束してもらいましたと連絡があり
デイサービスに行かない日はお散歩に連れ出してあげて下さいと言われました。

帰ってきたお義父さんに今日誰かとお話ししたと聞くと誰とも話していないと言い
何度か聞くと「あの人かな~ 話したような気がする」と言い
何を話したのと聞くと「何歳かという話以外何も話していない」と言い
本当に他の話していないのと聞くと「してない」と言い

朝早くから外に出ない、部屋からこっそりでない、一人で国道をわたらない
そんな話しなかったと聞くと「した した」

いけないと言われたことは守ってもらわないと私たちも面倒
みられなくなっちゃよと言うと返事はありませんでした。

少し認知症のような症状も出ていますが、それ以上に心配なのが
自分はもう元気になったので今まで通り動いて大丈夫と思い
好きに動くけど思った以上に体が動かずまた転んでしまうことがあることです。

昨日は午前10時10分過ぎから準備して虹輝君と一緒に田んぼの周りを
3人で一周して午前11時頃に部屋に戻りました。

お昼ご飯を食べてから午後は爆睡だったお義父さんです。


関連記事
怪我のため介護認定を受けている要介護1のお義父さん(90歳)の話や   
要介護1の実父(86歳)と要介護2のの実母(84歳)の 日々のお話は
こちらでも更新します⇒親バカMの幸せストーリーズ

愛犬をこよなく愛すチチ&ハハを応援よろしく  にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ 



09:48  |  [親バカ日誌]愛犬の話  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

虹輝くんったら、我が家で言うところの『あしかポーズ』ですね。
あごをピッタリと床につけてこちらを見ている様子は
心の中でひたすら、「散歩・散歩」と唱えているみたい。
鳴いて訴えられるより、ある意味…プレッシャーですね。(笑)

知らないうちに外に出てしまわれるのは心配ですよね。
adさんも書いておられるように、転倒されるのが一番怖いですから。
かと言ってずっと見張っているわけにもいかないので
そこが難しいところでもありますよね。
hako | 2019年01月11日(金) 06:55 | URL | コメント編集

★hakoさんへ

虹輝のこのポーズと段差にあご乗せは
無言に訴えで効果ありますよ。
だれが教えたのか聞いてみたい気がします。

なかなか言うことを聞いてくれず頭を悩ませています。
自分の気持ちだけが頭にあるので聞く耳は持っていないようです。
ad(エディー) | 2019年01月14日(月) 14:59 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://adpretty.blog41.fc2.com/tb.php/2260-093a502a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |