FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2019'02.12 (Tue)

気持ちよさそうに泳いでいるカモたちが気になるです。

我が家のカワイイ愛犬・颯斗と虹輝

昨日はお義父さんがデイサービスに行く日なので颯斗君と虹輝君と
どこかにお出かけしようとひそかに考えていたハハでしたが・・・

11日の午前2時頃から吐き気と腹痛・下痢に襲われ
朝まで何度もおトイレ通いほとんど眠れず日中もご飯も食べずに
布団の中でただひたすら寝ていたハハでした。

昨日はパジャマだと気が付かれないように重ね着をして
化粧もせずお義父さんを送り出しましたが・・・ 

今日は洋服に着替えお化粧もして朝ご飯も食べて
きちんと送り出すことができました。

今朝は少し暖かくなっていたのでお迎えの車が来る前に
颯斗君も虹輝君も外に出て一緒にお見送りをすることにしました。

しばらくすると虹輝君に異変が…

①ちょっと・・・
ちょっと・・・

虹輝君の尻尾が今までに見たことないほど下がっています。

②大変なんです。
大変なんです。

「虹輝君どうしたの もうちょっと待って」

お義父さんのお迎えの車がきたので送り出しおトイレかもと思い
急いで川沿いに連れて行くとドッグフード―戻しました。

特に変わった様子もなくハウスに入って寝ている虹輝君
しばらく様子見です。

つい最近から我が家の前の川にたくさんのカモがやってきます。
けっこうのんびり泳いでいて逃げる様子もないカモたちです。

カモです。
カモです。

田んぼの中で何かを食べて川に入って泳ぐ
そんな生活を楽しんでいるカモたちです。

虹輝君 気持ちよさそうに泳いでいるカモたちが気になるです。

*****************************
2月から週5日デイサービスに行くことになったお義父さん
デイサービスがお休みだった9日の土曜日
雨が降っているし寝てるから大丈夫だろうと思い
買い物に出かけたその隙にパジャマのまま外に出ていました。

すぐに捜したけどいつものお散歩コースに姿が見えず
しばらく様子を見ているとどこからか現れました。

散歩コースの手前を右に曲がり川沿いに少し奥に入ったところに
しかけられたイノシシの罠を見に行っていたそうです。

転んでなかなか見つからなかったら死んじゃうかもよって言うと
「ころっと死ねばいいけど そう簡単に死にゃあせん」と言い

勝手に外に出てはいけないと約束したことを言うと
「わしはボケた」と言い

外に出たいと思うスイッチが入ってとまらなかったのでしょう。

ただ・・ 分かって出ているのか
無意識に外に出たのか分からずストレスたまります。


関連記事
怪我のため介護認定を受けている要介護1のお義父さん(90歳)の話や   
要介護1の実父(86歳)と要介護2のの実母(84歳)の 日々のお話は
こちらでも更新します⇒親バカMの幸せストーリーズ

愛犬をこよなく愛すチチ&ハハを応援よろしく  にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ 



12:21  |  [親バカ日誌]愛犬の話  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

adさん、体調の方はいかがですか?
インフルエンザは下火になってきているようですが
腸感冒も流行っていると聞きました。
休める時はしっかり休んで、身体を労わってくださいね。

虹輝くんも、調子が悪かったのですね。
下がった尻尾と丸まった背中から、懸命にガマンしている様子が~。
フードを戻してしまったそうですが、その後の様子はどうですか?
一過性のものだと良いけれど…。

さて、お義父さんの受け答えを聞いていると
しっかりされているようにも見えるので、adさんも複雑なお気持ちですね。
何だかモヤモヤしちゃうその気持ち、凄くわかります。
hako | 2019年02月18日(月) 20:46 | URL | コメント編集

★hakoさんへ

色々重なり体調が悪くなるのでしょう。
虹輝まで同じように体調が悪くなりましたが
2人とも大丈夫になりました。

認知ではないと言われればますます
どう対応すればいいのか分からず
戸惑っています・・・
ad(エディー) | 2019年02月21日(木) 15:56 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://adpretty.blog41.fc2.com/tb.php/2272-66cd2238

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |