FC2ブログ

カワイイ愛犬☆親バカ日誌

親バカ飼い主はシニアになった愛犬と親の介護に奮闘中

Top Page › 愛犬の話 › なぜ太陽の日が当たるあの場所にいたのか分かりません。
2019-09-11 (Wed) 10:47

なぜ太陽の日が当たるあの場所にいたのか分かりません。

我が家のカワイイ愛犬・颯斗と虹輝

まだまだ 厳しい残暑が続く毎日
私たち人間もワンちゃんにも厳しい日が続きます。

昨日のお昼の12時過ぎ窓越しに外を見ると虹輝君がいません。

①どこにいるんでしょう!?
どこにいるんでしょう!?

あれ どこに行ったんだろうとよ―――く見てみると

②見えますか
見えますか

うううう どうしたの なにしてるの

③寝てるんです。
寝てるんでしょう。

まるで行倒れ状態の虹輝君

「虹輝君 生きてますか~~」

④生きてますよ。
生きてますよ。

午後2時頃には目を覚ましていたので一安心です。

でも、目は覚ましてますが笑ってる

⑤へへちょっと・・・
へへ ちょっと・・・

「どうしたの」

⑥暑いですね。
暑いですね。

「もっと日陰に入ればいいのになぜそこにいる???」

⑦たまりませんね。
たまりませんね。

「だから こっちの日陰に入ったら」

⑧それでも
それでも

「それでも」

⑨動きませんよ。
動きませんよ。

じゃあ好きにしてください。

なぜ太陽の日が当たるあの場所にいたのか分かりません。

関連記事
 にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ 

最終更新日 : 2019-09-11

Comment







非公開コメント