fc2ブログ

カワイイ愛犬☆親バカ日誌

親バカ飼い主はシニアになった愛犬と親の介護に奮闘中

Top Page › 日々の出来事 › 亡くなった時に哀しみと同じくらいの安堵の気持ちが本心でしょう。
2021-11-11 (Thu) 09:14

亡くなった時に哀しみと同じくらいの安堵の気持ちが本心でしょう。

今月11月5日に仲良くさせてもらっていた犬友のかりんちゃんが

虹の橋をわたりました。(16歳になったばかり)


とっても哀しいことです。



2008年3柴交流

手前が颯斗君(2020年12月虹の橋をわたりました。)

真ん中にいるのが虹輝君(14歳)

そして、一番奥の高いところにいるのがかりんちゃん


2008年に初めて会いましたが…

全く交わることもなく最後にはかりんちゃんに「ガオ」された

我が家のイケメン颯斗君と虹輝君でした。(笑)


一昨年の11月からの闘病生活

見守る中での旅立ちだったようです。

午後3時50分、かりんは母さんが見守る中、旅立っていきました。
この時、母さんの胸に押し寄せたのは、哀しみと同じくらいの安堵の気持ちでした。


これが本心だと思いました。
(ごめんなさい 文面をそのまま紹介させていただきました)



1ヶ月くらい前に同じ気持ちを聞いたことがあることを思い出しました。

私には3B体操を通して知り合った80代のTさん(男友達)がいます。

奥さんが糖尿病でずっと介護を続けていましたが2021年8月に亡くなったのです。



何年も続いた介護生活

1週間に3~4回の透析に連れていき食事から洗濯まで

時には便秘で苦しんでいるのを見ていられないと

指で出してあげたと言っていました。

汚いなんて言ってられないかわいそうだからと笑っていました。


ここまでできる人はいないと言うくらい一生懸命

介護されていましたがTさんも80過ぎ奥さんの病状も悪化して

自宅で過ごすことが難しくなり透析ができる施設に入所して数ヶ月

コロナのため会うこともなく亡くなられたのです。


お葬式の日にはTさんに会うことができませんでしたが

1ヶ月くらい過ぎた頃に出会った時


「寂しくなったね!? 哀しいね~」って言うとTさんが言いました。

みんなそう言って声をかけてくれる…
確かに寂しくない哀しくないと言えば嘘になるけど

寂しいとか... 哀しいとか... と思う気持ちより 「いたしい いたしい」と
苦しそうにしている姿を見ている方がもっと辛かった

だからもう悔いはないこれでよかったと思っていると笑っていました。


そして、

いっぱい夫婦げんかもしておきなさい右矢印病気になった人にはかわいそうで何も言えない

いっぱい一緒に色んなところに行きなさい右矢印2人の思い出をたくさん作ったほうがいいよ


今年は虫が知らせたのか3回も一緒に桜を見に行った・・・とTさん

介護生活がはじまると

本人もそれを見守る家族も辛い思いをするんです。


だから 亡くなった時に哀しみと同じくらいの安堵の気持ちが本心でしょう。


虹輝くんにはまだもう少し元気で私たちの側にいてほしいです。

関連記事

 犬ブログ 柴犬へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ


愛犬◆MIX・颯斗(ハヤト)と黒柴・虹輝(ショウキ)赤柴・亘汰(カンタ)

最終更新日 : 2021-11-11

No Subject * by hako
懐かしい写真を載せてくださって、ありがとうございました。
かりんの一方的なガゥガゥで始まった、ご対面でしたね。(苦笑)
今となっては良い思い出です。

見送った当初の安堵感も、時間の経過とともに変化していき
今は、やはり喪失感のほうが大きくなっています。
その時その時で変化しながら…なのでしょうね。

Re: hako 様へ * by ad
本当にいい思い出になってしまいました。

見送った後の安堵感も本当の気持ちだと思います。
でも喪失感の方が大きくなるのも当然のことでしょう。

気持ちは色々変わりながら時は過ぎるのでしょう。

Comment-close▲

Comment







非公開コメント

No Subject

懐かしい写真を載せてくださって、ありがとうございました。
かりんの一方的なガゥガゥで始まった、ご対面でしたね。(苦笑)
今となっては良い思い出です。

見送った当初の安堵感も、時間の経過とともに変化していき
今は、やはり喪失感のほうが大きくなっています。
その時その時で変化しながら…なのでしょうね。
2021-11-17-13:48hako [ 返信 * 編集 ]

ad(エディー) Re: hako 様へ

本当にいい思い出になってしまいました。

見送った後の安堵感も本当の気持ちだと思います。
でも喪失感の方が大きくなるのも当然のことでしょう。

気持ちは色々変わりながら時は過ぎるのでしょう。
2021-11-18-16:53ad [ 返信 * 編集 ]